Get Adobe Flash player

Bạn đang ở đây

Trang chủ

2011年から2015年までの段階におけるバクザン省の社会経済開発状況

2011年から2015年までの第17 省党 委員会議会法令と5年間の社会経済開発戦略の実施は、ベトナム経済の文脈の中で、あらゆる努力を払い、かつ行動的、創造的に進めるなかで、グローバル経済の影響を幅広く受けつつ、より深く一体化されつつある。省党委員会、人民議会及び人民委員会は、社会経済目標の達成に向け、様々な政策と解決策を提案し、以下のような、実りある結果をもたらした。

Ⅰ.経済発展

1.経済成長と経済構造の変化

 地域の国内総生産(GRDP)の成長率は、国内でも高い率を示している。2011年から2015年までの年成長率は、年間9.4%と推定されている。うち、工業建設は16.4%(それぞれ、工業は19.8%、建設は7.7%)、サービスは6.7%、農林水産業は、およそ3.6%に達した。一人当たりの平均GRDPは、上がり続けており、次第に国の平均と歩調を合わせるようになっており、2015年には、2010年と比べて、820USドルの増加により、1,530USドルになると推定されている。

 

経済構造は、いい方向にシフトしている。2015年には、地域経済構造のうち、工業建設部門は、39.5%、サービス部門は、36.5%、農林水産業部門は、24 %となっている。労働構造は、工業建設部門とサービス部門で増加する一方、農林水産部門では減少している。

2.工業生産

工業生産価値は、年間平均29.2%と期待以上の良いペースを保っている。これらのうち、海外投資部門、非国営部門および国営部門は、それぞれ45.4%、10.5%および14.6%の増加となっている。付加価値の平均成長率は、19.8%であり、地域経済への貢献度は、5.3%である。工業部門は、2010年の21.3%から2015年には30%と成長している。

工業生産価値の構造では、海外直接投資(FDI)の割合は、増加した一方、非国営部門と国営部門では、ますます縮小している。電気電子製品、コンピューター及びそれに付随する製品など今後主要製品となる可能性のある省の幾つかの新しい製品は、率先して支援型工業の形成をとりつつ発展してきている。

今日まで、省は、5つの工業地帯を計画してきた。そのうち4つは、総面積1,112ヘクタールの計画地域で操業を開始している。現在279ヘクタールの工業用地(計画工業用地の37.7%に相当)の中で、188のプロジェクトが動いている。うちわけは、総登録資本18.51億USドルに上る102の海外直接投資および総登録資本4兆3,890億ドンの86の国内投資プロジェクトである。プロジェクト実施のための投資資本は、18兆6,380億ドン(総登録資本の43%に相当)に達している。27の工業クラスターは、233のプロジェクトを誘致してきた。そのうち、160のプロジェクトが現在までに稼働している。

現在、省は、435の手工業村があるが、そのうち39村(14の伝統工芸村を含む。)が、要求基準を満たしている。いくつかの村、例えば、タンティエンのランタンや竹網細工製品、ヴァン村の酒、トゥーズオンの麺、ケーのコメ菓子やランソンの木工は、その力を維持し発展してきた。

3.農林水産業製品及び新たな農村建設

2015年の生産価値は、17兆7, 200億ドン、2011年から2015年の生産価値の年間平均成長率は、5.2%と推定されている。農林水産業の付加価値の成長率は、年間3.6%であり、地域経済への貢献率は、0.9%である。農林水産業の経済構成での割合は、2010年の28.3%から、2015年の24%へと下降している。

農業生産は、持続的に発展してきた。生産価値の平均成長率は、年間4.7%に達している。年間平均付加価値は、3.1%に達している。農業部門の経済構成率は、2010年の26.4%から2015年の21.9%へと下降している。農業構成率を内容的に見た場合、家畜生産が増加傾向にある一方、農耕の比率が減少しつつある。しかし、いくつかの地域-ルクガンのライチ、イェンティの鶏(hill chicken)、フックフォアの早熟ライチ、イェンズンの芳香米など、地域の商標を有する独自の生産物は発展してきている。いくつかの洗練された生 産地は、生産価値の高い加工野菜やフルーツ製品に焦点を絞って取り組みを確立してきた。生産と製品消費の分野において、農家、科学者、企業そしてマネジャーという4つの要素でつながれたベトナムGAP基準に適応する生産エリアも拡大してきた。

家畜の構成は、家禽や豚の分野で増加する一方、水牛や牛の分野では減少しているが、生物学的安全基準のもとで家畜生産は発展し続けている。2015年末における、養豚は、およそ1.21百万に、家禽は、およそ1千7百万に達するものと推定されている。

水産業は、集中的な養殖と半集中的養殖の方向へ向けて展開してきた。水産業の2015年の土地利用は、12,200ヘクタールに上ると推定されている。また、生産は、3万トンに達すると推定されている。平均付加価値の増加率は、年10.8%に達している。水産業の割合は、2010年の1.1%から2015年の1.3%へとわずかに増加している。

2015年における林業の総面積は、135,035ヘクタール(2010年と比較して、25,200ヘクタールの減少、うち生産林は、24,560ヘクタールの減少)である。保護林は、16,364ヘクタール、特殊用途林は、12,780ヘクタール、生産林は、105,870ヘクタールである。付加価値の成長率は、年平均で5.9%に増加した。2015年の林業の経済構造の割合いには変化がなく0.7%である。推定によれば、集中化林は2011-2015には、2万9千ヘクタールである。うち、巨木林の区域は、5,460ヘクタールである。

新山村に対する国家目標プログラムを4年間実施してきたが、新山村のインフラ整備に対しすべて人々が、参加し努力し、草の根組織の人々を含め、幅広い人材を動員することができた。今日まで、100%の村が計画づくりを終えている。2015年の終わりまでには、33の村、率にして、16.3%が新山村基準に達すると見込まれている。

4.サービス

2015年の生産価値は、19兆ドンに達するものと見込まれている。2011-2015年間の生産価値の平均成長率は、年6.7%であり、省経済への貢献率は、2.6%である。様々なタイプのサービスが、多様化しつつ継続して展開している。

2011年以来、省は、100のプロジェクトに投資証明書を与えてきた。例えば、貿易サービスの分野での大きなプロジェクトとしては、イェンズンのリゾートとゴルフ場投資プロジェクト、ムンタイン・バクザン複合ホテル、BigCスーパーマーケット、コープマーケットなどである。

輸出高に関しては、急激な成長を遂げてきた。推定によれば、2015年の輸出高は、26億USドルに達した。2011-2015の平均成長率は、年51%、2010年の8.6倍に達している。

省においては、64の取引事務所をもつ25の商業銀行支店や20の市民信用ファンドがある。年間のクレジットの成長率は、15.8%に達している。これらの商業銀行の総信用バランスは、2015年には、省全体で、24兆2,650億ドンに達しているものと推定されている。

観光開発については、計画やプロジェクトの作成、インフラへの投資、人材の育成、観光ルートの開発など、積極的な変化を見せてきた。年平均成長率は、23.5%、推定収入は、2,620億ドン、年37%の成長となっている。

郵便と電気通信基盤整備は、携帯電話やインターネット網で、村(コミューン)や区、町の100%をカバーしてきた。省の村のレベルまで、すべての地域が838の受信局や光ファイバー網で覆われている。

運輸サービスは、省内や省間をつなぐ多くのバスルートが供用開始されるなど、急速に発展してきた。旅客輸送量は、年平均5.9%増加した。また、商品輸送量は、12.8%の増加、付加価値の割合は、サービス部門の10%を占めている。

5.歳入と歳出

推定によると、2015年の省内の省予算は、3兆1,050億ドンである。2010年に比較し、6,510億ドンの増加である。土地利用やオークション、宝くじで集金された金額を除く、省内予算は1兆9,600億ドン、2010年の2.2倍、2010-2015間の年平均で17.4%の増加である。2015年の総予算支出額は、8兆7,860億ドンになるものと予想されている。

6.投資の誘致と経済部門の展開

2011-2015年における総開発投資資本は、107兆ドンを超え、年平均24.9%上昇した。うち、省の資本予算(省内で運用される国家予算、ODA資本、公債、優先クレジットローンを含む)は、15.3%、海外投資資本は、18%、企業の投資資本は、22.2%、個人消費部門では44.5%である。

2011年以来、省は、登録資本額が、11兆6,490億ドンに上る203の国内投資プロジェクト及び16億2,290万USドルに上る98の海外直接投資を誘致してきた。うち、工業地帯には、登録資本額、1兆590億ドンの22の国内投資、登録資本額14億6,236万USドルの69の海外直接投資が投下されている。国内投資プロジェクトの投資資本の規模は、1プロジェクト当たり平均574億ドンに、同じく、海外直接投資は、1,650万USドルに上っている。すべてのレベルでの実施された国内投資プロジェクトの資本は、16兆8,800億ドン、海外直接投資プロジェクトは、19兆4,200億ドン(9,200USドル)に達している。工業、サービス、農業の分野で誘致したプロジェクトの割合は、それぞれ、62.8 %、33.2%、4%となっている。

省は、山村のインフラ、電気、上水、環境衛生、教育、健康保険及び地域機関の実務能力の向上を目指して、ODA及びNGOファンドの誘致に焦点を絞ってきた。

2011年以降、省内では、登録資本11兆1,000億ドンの2,451の企業及び206の代表機関が存在している。

. 文化、社会及び対外関係

1.教育と訓練

現在、省では、833の教育訓練施設を有し、在学する学生数は、38万4,000人を超えている。学校を運営する公務員の100%が国家の基準あるいはそれ以上を満たしている。2015年末までに、85%の学校が強化され、80%の学校が国家基準を見たしている。小学校及び中学校のカバー率は順調に維持されている。高校の卒業率は、90%である。年間10,000人を超える生徒が、毎年、大学やカレッジの入学試験をパスしている。

省は、一つの大学と4つのカレッジ、13の職業学校と93の職業訓練センターを有している。そのうちの一つである、ベトナム―韓国テクノロジー職業カレッジは、国家的にもトップレベルの質を有する学校となるように投資されている。地方の労働者の訓練は、新しい雇用創出や仕事を変更するにあたって彼らを支援し、いくつかの積極的な結果を達成してきた。

2.ヘルスケアのサービス

現在、省は省内に7つの国所有の総合あるいは特定診療部門の病院、2つの市立病院、9つの地域あるいは市レベルの総合病院、3つの地域外来患者診察所を有している。100%の村(コミューン)、区、町は、医療支援ステーション、232のクリニックと民間サービス機関を有している。年間、300万人の市民がメディカルチェックを受けている。2014年における省内病院の1万人当たりのベッド数は、20.2床である。2014年には、69%の村、区、町が、健康に関する国家基準を満たしている。

98%をこえる1歳未満の子供は、毎年効果的にワクチン接種を受けている。小児麻痺は除去され、破傷風は、しっかりコントロールされている。栄養不足に苦しむ5歳以下の子供の率は、2010年の19.5%から、2015年の15%へと減少している。

医療保険の支援制度は、より幅広くより客観的に適用されてきた。医療保険のカバー率は、2010年の52.2%から、2014年の68%へ急速に伸びている。2015年には、この率は、70%に達するものと推定されている。

 

3.文化、スポーツ、情報コミュニケーション

文化の発展という面では、文化的な生活を築き、結婚、葬儀、祭典の簡素化などの点で典型的な動きがみられた。2014年には、82%の家庭は、“傑出した家族”として認定された。多くの農村や住民グループは、“傑出した農村”として認定された。“傑出した住民グループ”として認定されたものは、およそ60%にのぼる。

伝統的な祭典は、保護されながら発展してきた。クアンホ民謡、カチューなどのすでに文化的に認められたもののほかに、いくつかの文化的価値を有するものが、継続的に名誉を受けてきた。例えば、ヴィンギエム寺の木版の仏典は、世界文書遺産として、ユネスコのアジア太平洋地域の世界記憶遺産として、イェンテ蜂起の遺産は、特別国家遺産として、認められている。

肉体を使った練習やスポーツは、急速に増加してきた。2011-2014年間において、バクザンスポーツチームは、140140をこえる国家的、国際的協議に参加し、総数447個のメダル(うち、121個は金メダルである。)を獲得した。

省には、3つの省報道機関と3つの中央報道機関がある。また、300を超える国家行政機関や市民サービス団体のウェブサイトがある。地域レベルの10の報道ステーションと216の村落(コミューン)レベルの報道ステーション、そして、自身の広報を出版できる30を超える部門がある。

4.社会福祉、雇用創出、貧困削減、および生活スタンダードの改善

持続的な貧困の削減に対しては、大きな関心が払われてきた。貧困世帯の率は、2010年の19.6%から、2014年には、およそ9%にまで減少した。2015年には、およそ8%になるものと見込まれている。

2011-2015の間において、省は、13万6,600の雇用(27,000を超える人々が年間を通じた雇用を供給されている。)を創出してきた。このうち、海外での労働についているものは、1万9,800人である。

5.対外的関係

対外的な関係については、より注意が払われてきた。海外の情報に対する省のイメージ、政策や投資環境の促進については、内容、形式共に改善されてきた。省は、国内の国際機関や外交代表機関とともに活動する中で、ベトナムとの伝統的な関係や戦略的パートナーシップをもついくつかの国々と友好協力関係の確立により重要な役割を付与してきた。海外でのベトナム人に関する事柄については、海外のベトナムの人々が、省での投資機会を得るための訪問活動に対し重大な関心を払い便宜を図ってきた。

Ⅲ.資源、環境及び科学技術

1.土地、自然資源および環境の管理

2013年の土地法の実施により、省の地域や市すべてについて、適正な土地利用について証明書を与えることに焦点を絞ってきた。2011年以来今日まで、省は、個人家庭に対しては初めて100,000通を超える証明書を、2,000をこえる組織に対しては、5,000通を超える証明書を発行してきた。

省の鉱物開発、環境保護に対する市民の関心の喚起、気候変動への対応、そして生物学的多様性の保護に対する管理を強化してきた。病院の汚染水の処理、クアンチャウ工業地域のプラントにおける汚染水の処理、ヴァンハ及びコーケップなどハンディがある村への環境汚染処理など4つのプロジェクトを実施している。2015年までには、汚物の多量処理用法の適用により、都市エリアでの汚物収集の率は、94.7%に達している。

2.科学技術

科学的追求と技術の適応は、製品の質と価値を改善する点において、トレードマークの確立を支援してきた。2011年から2014年まで、省は、22の国家レベルの、そして69の省レベルのプロジェクトを実施してきた。9つの投資プロジェクトへの確立された技術の適応、科学技術分野で抜きんでた、2つの企業に対する認定証の授与が行われた。質の管理システムについては、ISOの標準が行政機関に適応されてきた。省は、民間企業に、先進的な質の管理システムを導入し、製品が同標準に適合するよう支援してきた。

Ⅳ.社会経済構造創造及び都市開発への投資

省人民委員会は、あらゆるレベルの予算資源を社会経済構造の発展に振り向けるよう動員してきた。それらは、国家資本及び公共債で、17兆7,100億ドンにのぼり、2015年末の社会投資資本の16.5%が運用されたものと見込まれている。

1.交通

社会経緯発展を容易にするための省の道路や動脈にたいし、7兆6,400億ドンを超える国家予算が投資されてきた。いくつかの主要プロジェクトへの投資継続、たとえば、省道293号線、ドンスアン橋とその取り付け道路、ティエンフォンからドンヴィエットに至る省の398号線、省道398B号線、省道295B号線のプロジェクトの開始など、社会経済開発に受け、新たな道路を生み出してきた。2011-2015の間において、240kmの地方道路、695kmのコミューンをつなぐ道路、694kmの村落をつなぐ道路の改善強化が図られてきた。その結果、地方道路の強化率は、2010年の50%から2015年の81%に、コミューンの道路の強化率は、21.5%から49.5%に、村落道路の強化率は、52.5%から66.6%に改善された。

2.産業開発に対する基盤整備

クアンチャウ、ヴァンチュン、ソン・ケノイ・ホアンのような工業地帯の基盤整備への国家予算による資本投資は、2,350億ドンにのぼっている。これにより、7つの工業クラスターの基盤整備建設、外周道路の建設、排水供給システムを支えてきた。具体的には、クアンチャウ工業ゾーン、排水に寄与するチュタイのポンプ基地の改善と機能プロジェクト、電気システムの改善プロジェクトなどである。

3.農業基盤整備

ポンプ基地の建設、1.5百万トンの容量を有する38の湖やダムの改善、2,527kmにのぼる用水路の強化や恒常的補修、堤防システムの予期しない問題発生時への対応、水産業の基盤整備への投資支援にたいし、およそ3兆5,170億ドンの国家予算が投下された。総灌漑エリアは、8万1千5百ヘクタールを超える用地(農業用地の18 %)に及んでいる。

4.教育訓練に対する基盤整備

施設、学校や教室の建設に対し、1兆70億ドンの国家予算が投下された。この結果、1,346の教室、2015年の強化率において85%が整備された。5つの普通教育センターに付属する5つの多機能施設の建設、職業学校、5つの少数民族の寄宿生の学校に対する寮や食堂の建設が含まれている。

5.ヘルスケアに対する基盤整備

省や地域の病院の改修や新しい病院整備に対し、1兆2,190億ドンが投下されてきた。省総合病院、産婦人科・小児科病院、精神病病院、結核病院、省及び地域の予防ヘルスケア―センターなどである。4,000近い医療設備が確保され、放射線CT、脳・腎臓手術など新たな技術が導入された。

6.公共及び都市基盤、省管理機関指導部

多機能ホール、省内務機関ビル、省の局における公共市民サービス事務所などの施設整備に対し、およそ2兆1,930億ドンが投下されてきた。バクザン都市エリアは、清掃、緑化、良好な管理運営がなされるようになってきた。今日まで、省は17の都市エリアを有しているが、そのうちバクザン市は、都市エリアのクラスⅡに、チューとタンの町は、クラスⅣの標準に適合するまで拡大してきた。

Ⅴ.内務

1.行政改革

省人民委員会は、局や課、地域の機関に対しお互いに競って、見直しを行い、ワンストップサービスや同機能の一体化などを通じ行政手続きの簡素化を図るよう指示してきた。この結果、個人及び企業の満足度は向上してきている。省のウェブサイトにおける行政手順の全面開示、労働規律の強化維持、労働手法、管理運営の見直し、公務員の責任に対する意識化、省委員会や地域や市の人民委員会議長のもとでの各機関の長の労働責任に対する評価と細分類強化などである。

2.防衛と安全

社会経済発展と防衛安全強化は、同時によく機能してきた。政治的安全と社会的安全の状況を絶えず見直すことにより、予期しない安全の問題に素早く対処し、市民の不満を解消し、活動的に様々なタイプの犯罪を阻止し調査し、社会的悪を取り除いてきた。

3.不満および非難弾劾の取り扱い;腐敗の防止及び腐敗との闘い

市民の不満や非難 弾劾への対応については、前向きな変化が進んでいる。市民に関する問題は、よりタイムリーかつ効果的に見直され解決されてきた。2011年以来、省は、33,271人の市民から32,148件の要望を受け付けてきた。うち、10,843件の不満や非難弾劾、請願および提案が解決され、10,697件については、終了を迎えた。

監察、腐敗防止および反腐敗に関してもまた、注意が払われてきた。2011年以来、省は、321件の行政監査、監察、不満、非難弾劾、腐敗防止や反腐敗に対する法定規制の実施について、局指導部の責任に関する224件の監察、426件の特別監察を実施してきた。そこでは、1,965億ドン、211万1平方メートルの異なったタイプの土地が提案されることにより解決むかえ、553億ドン、79万5千平方メートルの埋め立てが提案され、196.5兆ドン、131万6千平方メートルの土地がしかるべき機関の規制に沿って他の融資施策による解決が提案され、2,644件、71億ドンの行政的違反に対するペナルティの決定が実施されてきた。さらに、107の組織と603の個人に対し、彼らの管理違反について、解決の提案を行った。

バクザン省文化儀典報道課、資料収集。

出典:2016-2020の間におけるバクザン省の社会経済開発5年計画

 

 

 

 

Thống kê truy cập

  • Tổng lượt xem tin bài:9418351
  • Trong ngày:298
  • Trong tuần:19767
  • Trong tháng:471161
  • Trong năm:471161